歓迎行事(記念撮影・歓迎レセプション)

歓迎行事(記念撮影・歓迎レセプション)

G7大阪・堺貿易大臣会合の開催にあわせて、歓迎行事(記念撮影・歓迎レセプション)を実施しました。

記念撮影

仁徳天皇陵拝所(大阪府堺市堺区大仙町)で、G7各国、EU及び招待国の貿易担当大臣等並びに国際機関の代表と、本協議会会長の吉村洋文・大阪府知事及び本協議会会長代行の永藤英機・堺市長の記念撮影を行いました。

記念撮影に先立ち、地元の堺市立大仙小学校5、6年生が各国・機関の旗を振り、各国大臣等を歓迎しました。また、記念撮影後には、ドローンが上空から撮影した仁徳天皇陵古墳全景のリアルタイム映像を各国大臣等に視聴いただきました。

概要

記念撮影写真
記念撮影写真2

歓迎レセプション

G7各国、EU及び招待国の貿易担当大臣並びに国際機関の代表の方々を最高のおもてなしでお迎えする歓迎レセプションを開催しました。歓迎レセプションでは、様々なアトラクションや展示、地元食材をふんだんに用いた料理でおもてなしし、招待客のみなさまに大阪・堺の魅力を発信するとともに、2025年大阪・関西万博をPRしました。

概要

歓迎レセプション1
鏡開き

アトラクション・展示

オープニング動画の上映

大阪・堺の魅力が詰まったオープニング動画を上映しました。

公益財団法人大阪観光局公式YouTubeチャンネル「OSAKA INFO」で公開していますので、ぜひご覧ください。

アトラクション1 ふとん太鼓の実演

高さ4メートル、総重量約2トン。朱色の座布団を5段に重ねたような太鼓台が特徴である「ふとん太鼓」の実演を行いました。
(実演:北戸川ふとん太鼓会(堺まつりふとん太鼓保存連合会加盟団体))

ふとん太鼓
ふとん太鼓2
アトラクション2 石黒浩大阪大学栄誉教授によるプレゼンテーション

2025年大阪・関西万博のテーマ事業プロデューサーを務める石黒栄誉教授が、大阪・関西万博に関するプレゼンテーションを実施しました。プレゼンテーションでは、シグネチャーパビリオン「いのちの未来」における展示やアバターの可能性について、アンドロイドアバターを用いた説明を行いました。

石黒栄誉教授
アトラクション3 茶の湯の実演・喜多俊之氏作品「二畳結界」の展示

堺市立工業高校(現・堺市立堺高校)出身である喜多俊之氏の作品「二畳結界」をロイヤルホールに展示しました。また、「二畳結界」内で、開宴前や歓談中に茶の湯を実演し、招待客のみなさまに振る舞いました。
(実演:武者小路千家 大阪官休会 堺支部)

呈茶1
呈茶2
四代田辺竹雲斎氏作品 「Connection ‒無限‒」の展示

堺市出身の四代田辺竹雲斎氏による竹の大型インスタレーション作品「Connection ‒無限‒」をロイヤルホールに展示しました。また、開宴前には、四代田辺竹雲斎氏ご本人が展示作品についての解説を行いました。

無限
竹雲斎氏
関西と大阪・堺の「祭り」「和」の展示等

招待客のみなさまに「また訪れたい」と思っていただけるよう、日本らしい「和」が感じられる展示を、ロイヤルホール前のホワイエで行いました。特に、会場内で祭りのアトラクションの実演が行われることを踏まえ、他の祭りに興味を持っていただけるよう、各地域の「祭り」や会場内でふるまわれた南大阪の各酒蔵の樽を展示しました。

また、四代田辺竹雲斎氏による竹の大型インスタレーション作品「Connection ‒無限‒」をホワイエにも展示し、招待客のみなさまをお迎えしました。

ホワイエ展示
無限(ホワイエ展示)
“折り紙フラワー”ウェルカムボード

日本伝統の折り紙をモチーフにしたG7広島サミットのロゴマークにちなみ、地域のみなさまが作った“折り紙フラワー”を使った大型ウェルカムボードを設置し、歓迎レセプションにお越しいただいたG7各国大臣等や関係者のみなさまを歓迎しました。

ウェルカムボード
ウェルカムボード2

地元食材を使った料理・飲料でのおもてなし

南大阪を中心とした大阪・堺の豊富な海の幸・山の幸をふんだんに用いた料理、南大阪の酒蔵やワイナリーが製造した、多彩な日本酒やワインを参加者に楽しんでいただき、招待客のみなさまをおもてなししました。

~歓迎レセプションで提供された料理のレシピを公開!~
ホテル アゴーラ リージェンシー 大阪堺の協力により、歓迎レセプションで実際にふるまわれた料理5品のレシピを公開しています。地元産品を使用した料理を、ご自宅でぜひご賞味ください。

▶▶レシピはこちら◀◀

レセプションの様子
レセプション2
レセプション3
LIVEキッチン・日本酒マリアージュコーナー

会場内に、堺市の伝統工芸品である堺打刃物を用いた調理を行う「LIVEキッチン」を設置し、大阪産の食材を使ったステーキや寿司をふるまいました。
また、南大阪の6酒造の日本酒に合う料理をおすすめする「日本酒マリアージュコーナー」を設置しました。

LIVEキッチン
日本酒マリアージュコーナー
戻る